複数チャネルでの問い合わせを集約できれば、それぞれのチャネルで毎回同じ説明を繰り返す必要はありません。個々の顧客をチャネル間をまたいで認識できるため、サポートチームは履歴情報を参照しながら、顧客との会話をシームレスに継続できるようになります。これを可能にするのが、オムニチャネルソリューションです。

オムニチャネルソリューションは、さまざまな情報の可視化、一元管理を可能にし、結果として現状のサポート業務全体を容易に俯瞰できるため、効率化の余地を検討するだけでなく、サポートチームの生産性向上や顧客満足度の改善に着手するきっかけにもなります。さらに、エージェントによる人的対応が必要な問い合わせをどうしたら減らせるのかを積極的に議論できるようになります。

個々のコミュニケーションをパーソナライズし、顧客の期待を超えるサポートの実現を可能にするオムニチャネルソリューションの検討に、本eBookをぜひご活用ください。ダウンロードは無料です。