顧客は、いつ、どこにいても、自分の好む手段で今すぐサポートを受けたいと思うものです。実際、57%の顧客が問い合わせに利用するチャネルを自由に選びたいと考えています。しかも、3年前に比べて顧客はせっかちになっており、より優れたカスタマーサービスに求める傾向にあります。

多くの企業が、このような消費者ニーズに対応していくことは容易ではないと思うのも当然でしょう。しかし、複数のチャネルを通じて顧客にサポートを提供するからといって、仕組みが複雑になり、莫大なコストがかかるとは限りません。

Zendeskの目標は、チャネルの種類に関係なく、企業が容易に優れたカスタマーサービスを提供できる環境を実現することです。オムニチャネルのアプローチを取り入れれば、顧客が問題解決に要する労力も最低限に抑えられるはずです。

オムニチャネルサポートを可能にするZendesk製品に何が実現できるのか。適切なサポートを提供するための最適なソリューション選択について紹介した本資料を、ぜひご活用ください。ダウンロードは無料です。