- 若い世代のお客様はチャットによるサポートを好みます。
- 検索機能を使って自己解決を望むお客様は全体の40%にも上ります。
- 好業績の企業はその他の企業に比べてAI機能の導入率が2倍です。
- 評価の高いサポートチームほどパフォーマンスを可視化しています。

これらはすべて、アンケートによる意識調査や専門家の所見ではなく、Zendeskを導入している45,000社の実態を示す、明確に数値化されたデータです。

御社での状況はいかがですか?しかるべき対応はお済みですか?

テクノロジーが進化し、顧客の期待は高度化する一方です。もはやカスタマーエクスペリエンス向上への取り組みは企業にとって必須の課題です。特に、ロイヤルティの高い顧客を生み出すためには、CXを意識したカスタマーサービスの業務改革が求められます。

好業績をあげている企業が採用している最先端のサポートのテクニックを学び、自社のサポートチームに足りないものや見直すべきポイントの分析に、『カスタマーエクスペリエンス傾向分析レポート 2019年版』をお役立てください。